ティンホイッスル独学のすすめ 第0回 「どのホイッスルで始めるか、それが問題だ」

この記事は約3分で読めます。

この第0回は「右も左もわからぬままティンホイッスルを始めようと思っているすべての人々」

  • 材質にも種類があってどれがいいかわかんない…
  • D管とかC管とかいったい何?
  • どの調(Key)の笛買えばいいの?
  • 近所の楽器屋に置いてないから買えないんですけど……

などの理由で「買うのやーめた!」なんてことにならないようにするための準備回である。

初めてのティンホイッスル選び

「とりあえず始めてみたいから調べてみたけど、よくわからん」何て言うそこの君たち!
もう迷わなくて良い!

とりあえずこれ見て、買って、始めよう!

これを見てケルト系伝統音楽の世界に入ってくる人が増える事を祈る……。

ティンホイッスルはD管を買え!

ティンホイッスルには色々な調の物があるけど、アイルランド伝統音楽やその他のケルト系伝統音楽がやりたいのなら、D管があれば半数以上の楽曲が演奏可能。

D管で演奏できない曲がやりたくなってきたら、後で別のKeyの物を買えばいい。

という訳で、まず初心者はD管を買おう!

最初は安い量産品から

ティンホイッスルには色々なお値段のモノがありますが、まずは安い量産品で始めよう。
オススメはFeadog社の Feadog Pro(ファドーグ プロ)というニッケル製のティンホイッスル。

「安くても質が悪すぎたら困るんですけどー」という欲張りさんにも安心の品質。しかもお手ごろ価格でありながら、僕的には金属系量産品の中では現状一番だと思う。

低価格帯のティンホイッスルは、他にもGeneration(ジェネレーション)Sweetone(スウィートーン)などの1,000円台のものがあるが、後少し出してこちらを買うのがおすすめ。

管体はニッケルなのでサビにも強め。でも使い終わったら目の細かい布でふきふきしような!
綺麗な状態を長持ちさせるには日々のケアが大切です。

「あの動画で見たヤツで始めたいんだ!」っていうようなこだわりが無ければ、このティンホイッスルから始めよう。

最初からハンドメイドの高級モデルってあり?

お金に余裕があるなら全然OK。音のバランスもしっかり作られてるし、なにより音が最高で耳が幸せになる。

途中で飽きてやめても後悔しないっていう覚悟があるなら、Michael BurkeMK ホイッスルなどをどうぞ。

でも最初は安い量産品を買い、気軽にガンガン使ってボロボロになるまで練習するほうが良いと思うんだよなぁ。下手なときは何でやってもたいして違わないし。

近所の楽器屋に無い!

たまに置いてる所もあるけど、基本的に無いと思ってください。

じゃあどこで買うのかというと、 Amazon楽天楽器屋などのインターネットショッピングだ!

今の世の中はネットで世界中から簡単に取り寄せれるから、外国語がいけるなら海外もありだと思います。
でも日本でも色々なショップが取り扱ってるから大丈夫。すぐに買えるぞ!

今回オススメしたFeadog Proは日本のAmazonや楽天に無い事が多い。(海外のAmazonには大体ある)そんな時は他の楽器屋から買うことにしよう。

僕のオススメはケルトの笛屋さん
ここなら安心して買えるし、笛のポーチとか教本とかも売ってるぞ!
しかも京都には実店舗があるから、直接行って買うのも良い。

最後に

最初は安い量産品でいいから、D管を買う

これで準備完了だ!

ホイッスルが届くまでの間に基本的な知識を手に入れておけば、届いてすぐに楽しめる。

知識は十分あるぜ!っていうひとはYouTubeなどで動画でも見て、曲を聴いてイメトレしとこう!

ティンホイッスル独学のすすめ トップへ戻る

タイトルとURLをコピーしました