CD紹介 kan 「sleeper」

kanのファーストアルバム

Kan「sleeper」


4人組のアイリッシュ・バンド「Kan(カン)」を紹介します。

 

2014年解散してしまったので Kan のファーストアルバムにしてラストアルバムです……。

 

ブライアン・フィネガンとエイダン・オルークという素晴らしい作曲家たちに、イアン・ステファンソンとジム・グッドウィンを加える事で伝統音楽シーンがさらに進化しています。

 

曲目

1. One Two Three

  • lori (Aidan O’Rourke)
  • One Two Three (Jim Goodwin / Ian Stephenson)

2. Mangatakk

  • Emotinal Storm (Avishai Cohen)
  • Mangatakk (Jim Goodwin)
  • Breton Ridee (Traditional)

3. Marcos

  • Marcos Llope (Brian Finnegan)
  • The Qblique Jig (Caoimhin Vallely)
  • Hayden’s Rock (Brian Finnegan)

4. Noble?

  • You can Call me Big AL (Ian Stephenson)
  • Noble? (Aidan O’Rourke)

5. Eva

  • Eva (Brian Finnegan)

6. Rangoon

  • The Slide From Grace (John McSherry)
  • The Queen of Rangoon (Brian Finnegan)

7. Modul 1

  • Modul1 (Ian Stephenson)
  • Coyoacan (Brian Finnegan)

8. Cariolis

  • Coriolis (Aidan O’Rourke)
  • Hold Up The Sky (Brian Finnegan)

 

伝統音楽が基本スタイルなので1曲は複数の伝統音楽で構成されています。

曲番号.曲名

  • 曲名(作曲者)
  • 曲名(作曲者)
  • 曲名(作曲者)

作曲者が(traditional)となっているものは作者不明の伝統音楽です。

 

個人的感想

ブライアン・フィネガンとエイダン・オルークの組み合わせとかやばすぎるだろ!

そんなわけで聴いてみたら……やっぱり最高だった^^

One Two Three

Marcos

 

伝統音楽のジャンルにはいるが、昔ながらの伝統音楽的なものではなく極めて現代的で、非常にスタイリッシュ。

 

CDジャケットもすごくオシャレに出来てる。

でもしっかりとケルトの雰囲気を感じられるのは、散りばめられた模様やパッケージ内の車輪のマークのせいかな…。(車輪のマークはケルト人が好んで使う「再生の象徴」であり、太陽を表している)

 

ブライアンとエイダンが凄いのは当然だが、これで聴くまで全然知らなかったがジム・グッドウィンのドラムがすごかった。

 

当時、僕が聞いてきた伝統音楽ではエレキギターとかドラムとかは存在しなかったので、動画で見た瞬間「え?バウロンとかじゃないんだ?」ってびっくりした。

でもいざ演奏が始まると、ドラムでも全然問題なかった!……まぁ、このメンバーだからって事もあるけど。

 

イアン・ステファンソンも全然知らなかったけど Modul 1 とか凄い好みの曲だった。調べてみると「422」や「Baltic Crossing」とか他でも色々活躍している凄腕じゃないか。

 

こうして彼らについて調べてみると、なるほどなぁ~……このアルバムの完成度にも納得だ。

 

しかしこのバンド……ツルピカである。でもめちゃカッコいいから、ぜひとも聴いてもらいたい。

解散してしまったからCDが現在流通している分だけ!

なので購入はお早めにどうぞ。

Amazonとかに在庫無ければ、kanの日本公式サイトkan official siteから買えると思います。

 

あとこのCD、紙ジャケットなので中古品はあまりオススメできない……。

中古品買うときは状態を良く調べよう!

タイトルとURLをコピーしました