CD紹介 Flook 「Rubai」

FlookのセカンドアルバムRubai

Flook 「Rubai」

四人組のオール・インスト・バンドFlookのセカンドアルバム「Rubai(ルーバイ)」を紹介します。

驚異のカルテットが奏でる演奏は、伝統音楽を新しい世界へと導いてくれる。

ファーストアルバムより更に進化した彼らの音楽を聴き逃すな……。

曲目

1.Pod

  • Baldy Hollow (Sarah Allen)
  • The Empty Pod (Brian Finnegan)

2.Ballybrolly Jigs

  • The North Star (Brian Finnegan)
  • The Ghost of Ballybrolly (Brian Finnegan)
  • Mulineira de Santalla d’Ozcos (traditional)

3.Beehive

  • The Beehive (Sarah Allen)
  • Poon Hill (Brian Finnegan)
  • Vladimir’s Steamboat (Jay Ungar)

4.Glass

  • Glass Polska (Ale Moller)

5.G.D.’s

  • Hooper’s Loop (Allen/Boyd/Finnegan/Kelly/Tucker)
  • Pressed for Time (Gordon Duncan)

6.Granny

  • Granny in the Attic (Sarah Allen)
  • Blue Ball (Sarah Allen)
  • The False Proof (Jowan Merckx)

7.Rosbeg

  • Suaimhneas Intinne (Brian Finnegan)
  • Rosbeg (Brian Finnegan)

8.Larry

  • Kalamantinos (traditional)
  • Larry Get Out of the Bin (Sarah Allen / Brian Finnegan)
  • Elzic’s Farewell (traditional)

9.Natterjack

  • Ramnee Ceilidh (Gordon Duncan)
  • Natterjack’s Reel (Colin Farrell)
  • Conlagh’s Big Day (Brian Finnegan)

CDジャケット内には上記の区切り方で9曲書かれているが、CDのトラックでは14曲に分けられて収録されています。

Flook-Rubaiのソングリスト

伝統音楽が基本スタイルなので1曲は複数の伝統音楽で構成されています。

曲番号.曲名

  • 曲名(作曲者)
  • 曲名(作曲者)
  • 曲名(作曲者)

作曲者が(traditional)となっているものは作者不明の伝統音楽です。

 

個人的感想

収録曲の内オリジナルの割合が半数を超えています。

ブライアンの演奏を聴いて、伝統的では無い……などと言う人たちもいます。しかし、過去のインタビューでブライアン・フィネガンが語っていた言葉にある通り…

「伝統として入ってきたものは伝統として出て行く」

この言葉には、非常に感銘を受けました。かっこいいな~。

つまりこのアルバムには伝統音楽の血が流れている、と言う事ですな。

 

もちろん非常に完成度の高いアルバムで全ての曲が好きなのだが、「特に好きな曲は?」と聞かれるとするならば……悩む所だが Ballybrolly Jigs だ。

ティンホイッスルを始めだしたころによく聴いていた。もちろん全然吹けなかったが…。

聴いてるだけでテンションが上がってきて、練習したくなってくる。

 

Granny in the Attic も楽しい曲だ。特に開始10秒ぐらいから始まるトロンボーンの音があるのだが、ライブの時にはギターのエド・ボイドが声真似でやってくれる。

会場の客にも要求してくるのでみんなでやる。

2016年の来日ライブでもやったのだが、かなり楽しかった!

 

そして Pressed for Time。これも最高だ。ブライアンが演奏するホイッスルがやばい。

なにがどうなっているのかさっぱりの超絶テクニックだ。

自分もいつかこれくらい吹ける用になりたい……、と目標にしている曲。

 

日を追うごとに更に力強く疾走するFlookの音楽を、ぜひとも聴いていただきたい。

 

このアルバムは紙ジャケットです。中古品を買う場合は状態をよく確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました