CD紹介 Flook 「Flatfish」

 

FlookのファーストアルバムFlatfish

Flook 「Flatfish」

四人組のオール・インスト・バンドFlookのデビュー・スタジオ・レコーディングアルバム「Flatfish(フラットフィッシュ)」を紹介します。

 

バウロンのジョン・ジョー・ケリーが加入しての初アルバム。

ギターとバウロンに支えられてフルートが歌い、ティンホイッスルが踊る……。

一日中流しっぱなしでも飽きる事の無い、伝統的であり革新的な、非常に魅力的な作品です。

 

曲目

1.Calico

  • The Happy Aunt (Diarmaid Moynihan)
  • The Central Line (Diarmaid Moynihan)
  • The Paper Bird (Diarmaid Moynihan)

2.E♭ Reels

  • Blink (traditional)
  • West Clare Reel (traditional)
  • Lexy Macaskill’s (Dr John Macaskill)

3.The Gentle Giant

  • Macedonian Oro (traditional)
  • The Gentle Giant (Brian Finnegan)

4.Sligo Reel

  • The Sligo Reel (Eamon McElholm)
  • The American Polka (traditional)

5.Flatfish

  • Flatfish (Sarah Allen / Brian Finnegan)
  • Thornhill Road (Brian Finnegan)
  • White Ashes (Brian Finnegan)

6.Happy Jigs

  • A short Journey I (Eamon McElholm)
  • A short Journey II (Eamon McElholm)

7.Bruno

  • Bruno (Sarah Allen)
  • A Quiet Autumn (Sarah Allen)

8.Waltzes

  • Vero’s (traditional)
  • The Acharavi Waltz (Kathryn Tickell)
  • From Kerry we did Sail (Fred Guichen)

9.Flutopia

  • Munera de Casa (traditional)
  • Gavotenn bro. dardoup (traditional)
  • Macedonian Oro (traditional)
  • Thomas McIlvogue’s (Thomas McIlvogue)

以上9曲が収録されています。

伝統音楽が基本スタイルなので1曲は複数の伝統音楽で構成されています。

曲番号.曲名

  • 曲名(作曲者)
  • 曲名(作曲者)
  • 曲名(作曲者)

作曲者が(traditional)となっているものは作者不明の伝統音楽です。

 

個人的感想

伝統音楽という響きから古臭い印象を受ける人も居ると思います。そんな人にこそ聞いてほしいアルバム。

素朴な音色だが、現代的感性によるワイルドでクールな演奏によって、伝統音楽が秘める力を僕らに教えてくれる…。

 

このアルバムでは「Happy Jigs」が一番好きだ。

 

初めて聞いたとき、ブライアン・フィネガンのフルートとホイッスルの演奏に圧倒された。

テクニックも素晴らしいのはもちろんの事、聞いてたらなんとも楽しそうに吹いている姿が浮かんで来る……。

伝統音楽ではタンギングはほとんど使わないのだが、ブライアンはめちゃ使いまくる。

そんな彼のスタイルに魅了される人は多い。もちろん僕もその一人……ブライアン最高!

 

今回のアルバムで、サポートメンバーから正式加入したジョン・ジョー・ケリーも実に素晴らしい。

彼の繰り出すバウロンのリズムは、海外の雑誌 Irish Music Magazine で「世界で一番バウロンが上手い」と絶賛されている。

実際にライブで見たら、凄い存在感だった。思っていたより音が大きくて響いてくる。

 

とにかく素晴らしい出来のアルバムです。YouTubeにもたくさんのライブ動画があるので、アイリッシュミュージックに興味があっても無くてもぜひ聴いていただきたい。

 

このアルバムは紙ジャケットです。中古品を買う場合は状態をよく確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました