古代ケルトの神 「ベレヌス」

ベレヌス (Belenus)

ベレヌス(Belenus)は光の神、癒しの神、火の神です。ベレヌスは馬に引かせた戦車で空を駆け、太陽を通るといわれています。

ベリサマ(Belisama)という妻がいます。

名の意味

輝き・光」などの意味を持っていてガリア(現在のフランス付近)では広く信仰されていました。

ローマから見たベレヌス

ローマのユリウス・カエサル 著 「ガリア戦記」には古代ケルトの神を、性質の似ているローマの神々に当てはめて説明しています。

その記述によると、ベレヌスは「アポロ」ですね。

太陽の祭り

アイルランド、スコットランド、ウェールズ等では5月1日は Beltane(ベルテン、ベルティネ) という祭りがあります。

Beltane はヨーロッパ辺りで昔からある火祭りのひとつです。

タイトルとURLをコピーしました