京都のティンホイッスルメーカー 「S.Z.B.E. whistle Japan」

S.Z.B.Eトップページ

出展:S.Z.B.E.Whistle Japan

S.Z.B.E whistle Japan

京都でティンホイッスルを作っている「S.Z.B.E. Whistle Japan」を紹介します。

読み方は「S.Z.B.E.」で「すずぶえ」です。

 

ティンホイッスルだけでなく、イリアン・パイプスやコンサティーナの専用マイクも手作りしています。

 

製作者の松阪健(まつさか けん)さんご自身も、イリアン・パイプスの著名な演奏家です。

 

S.Z.B.E. Whistle Japan 公式ホームページへ※クリックで別タブが開きます

 

ホイッスル

一部ポリアセタールを使用した、アルミニウム製のホイッスルを製作しています。

ポリアセタールは高い耐磨耗性と強度をもったプラスチックの一種。

金属を削りだし、細かな調整をして一本ずつ手作りされています。

他にも木製や真鍮なども作られているそうですので、気になる方は問い合わせてみてください。

S.Z.B.E. Whistle High D

出展:S.Z.B.E.Whistle Japan

 

結露しにくい樹脂製のヘッドで作られたモデル(ボディはアルミニウム)もあります。

 

キーは各種取り扱っており、公式ページに無い物も作ってもらえます。

HighキーやLowキーはもちろん、Bassキーなんていう超デカイ低音ホイッスルもあります。

オリジナル・ホイッスル

S.Z.B.E.では他にはないオリジナルのホイッスルがあります。

DP-EXD-EXという物ですが、なんと指穴が9個あります!

 

しかしこの指穴は捨て穴と呼ばれる物で、基本的に押さえません。

この穴のおかげで空気の流れが変わり、音のつながりも非常になめらかであり、ふくよかな音色になっています。

 

おまけ機能で通常押さえる6つの穴の1個したを小指で押さえれば、Cナチュラルも出せます。

しかもDの音にヴィブラートもかけれるじゃない!

さらにこの捨て穴部分は可動式ですので角度調整や取り外しが可能です。

ただ、取り外すと通常の6穴ホイッスルとしては使えなくなります……。

 

しかし、9穴でも6穴でも使えるようにした物もありますよ!

ちょっとお値段は上がりますが、DP-EX-Eという商品はどちらでも使用可能に改良されたホイッスルです。

DP-EX-Eのほうが売れ筋のようですね。

 

お値段

8500円~20000円台です。

手作りの高品質ホイッスルで、様々な調整までしてくれてこの控えめな値段はお財布にやさしいですね。

詳しい値段表は公式ページで確認してください。

 

手作りだからこそのサービス

量産品では出来ないサービスがあります。

 

それはサイズ調整です!しかも無料!

 

S.Z.B.E.では、指の幅やサイズに合わせて指穴を調整してくれるので、Low Whistleが押さえやすくなる!

これは手の小さい人の多い日本人にはありがたいサービス。

 

Low Whistleだと、自分の手のサイズの問題で演奏が厳しかった人はぜひ相談してみてほしい。

 

もちろん海外で製作している工房でも対応しているところは有りますが、言葉の問題や距離の問題で何かと難しい事もあります。

 

S.Z.B.E.では日本語でいけるし、工房も国内!

 

細かいコミュニケーションで、自分にぴったり合った最高の1本が手に入りますよ。

 

注文して届くまでの時間

個人製作ですので、やはり時間がかかってしまいます。

人気があるので予約もたくさん入っている事でしょう。しかも、個別にサイズ調整とかいろいろやることは山盛りです。

 

すべては製作者の松阪健さんのスケジュールしだいですので、早いときもあれば遅いときもあります。

半年から1年くらいかかるかもしれないことは、覚悟してください。

 

調整が必要なかったらちょっとは早くなるでしょうし、もし作り置きがあればすぐにでも手に入れれるかも……。まぁ低確率でしょうけど。

 

注文できたら、届くまでの間にホイッスルの練習をしましょう。

モチベーションもあがって楽しくなり、どんどん上達しますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました