購入を迷う時におすすめのホイッスル試し吹きサービス!「ローホイッスル版」

この記事は約3分で読めます。

ローホイッスルの購入を検討している人にオススメしたいサービス…。

それがこのケルトの笛屋さん「テイスティング・セット ローホイッスル版」だ!

 

気軽に買うにはちょっとお高いローホイッスルをじっくり吹き比べできるありがたいサービスだ!

「テイスティング・セット」ローホイッスル版

ローホイッスルは、ティンホイッスルより大型だから価格が高くなる

1万円以上の品ばかりです。

そして実際持ってみると結構大きい。指孔の間隔も広いし、管体も太い。

せっかく買ったのに大きすぎて演奏できないとか悲しすぎる…。

 

そんな後悔をする前に、この「テイスティング・セット」でしっかり確認しましょう!

 

セット内容

5種類のロー・ホイッスル D管を試奏いただけます。

期間:7日間
料金:4,000円(往復送料込み)

2018年1月時点ケルトの笛屋さん「テイスティング・セット」ローホイッスルページより引用

ローホイッスルは5種類を試し吹きできます。

 

セット内容はというと…

  • Susato(スザート)
  • Galeon(ガレオン)
  • Kerrywhistle 製 Chiftain(ケリー・ホイッスル製 チーフタン)
  • Michael Burke(マイケル・バーク)
  • MK Pro(エムケー プロ)

上記の5種類ですね。

スザートはABS樹脂製でローホイッスルの中では低価格帯の物です。それでも1万8千円前後しますが…。

他は全て3万~4万円台の最高級モデルです。

 

試奏期間は7日間。1週間もあればガッツリ試し吹きできますね。

料金は往復送料込みで4,000円です。

 

購入前の確認に

4,000円という料金を高いと見るか安いと見るかは自分しだいですが、ローホイッスルはティンホイッスルに比べ高価で、軽いノリで購入するのは少々厳しいお値段。

なのでこの「テイスティング・セット」の存在はありがたいです。

試奏期間も7日間あるので存分に試してみる事ができます。

 

試奏期間中は楽しみながらも色々な確認を忘れないようにしよう。

音色や音程などはもちろん重要ですが、大きさや指孔の間隔が手に合うかどうかなどの演奏性に直結する要素も重要です。演奏できなければ意味ないですから。

 

もし手のサイズに合わなくても、ハンドメイドのホイッスルの場合は製作している工房などに直接依頼すれば、製造段階である程度は調整可能です。

ただ職人さんとのやりとりが必要になります。そして生産待ちで手元に届くのは時間がかかる……職人さんのスケジュールしだいですね。

 

既製品でも問題ない人は大丈夫です。一昔前に比べると国内にも結構在庫はありますので、この試奏期間に堪能して、どのホイッスルがいいのか選び抜きましょう。

 

なお、ケルトの笛屋さんでは輸入代行もしてます。海外とのやり取りに不安がある人はどうぞ。

最後に

ティンホイッスル経験者やその他管楽器の経験者は大丈夫と思いますが、未経験者はティンホイッスルから始めるのをオススメします。

ローホイッスルは思っている以上にでかいし息の量も必要だからね。

演奏が苦しくてやめるとかになれば、悲しすぎるよ。

 

音色やサイズも含めて、この「テイスティング・セット」で試してから購入するという手順を踏んで、楽しいホイッスル・ライフを送ろう!

 

「テイスティングセットティンホイッスル版」はこちら↓

購入を迷う時におすすめのホイッスル試し吹きサービス!「ティンホイッスル版」
ティンホイッスルを勢いで買って後悔する前に、ケルトの笛屋さんの「テイスティング・セット ティンホイッスル版」でじっくり吹き比べてから購入しよう!様々な種類の中から、お気に入りの相棒となるホイッスルを見つけよう!
ローホイッスル
スポンサーリンク
馬塩をフォローする
スポンサーリンク
おもにケルト系ブログ〜ケルブロ〜
タイトルとURLをコピーしました