世界に広がるハロウィンを知る! その2 「ペテン師ジャックのランタン」

ジャック・オー・ランタン

ハロウィンの定番アイテムといえば「ジャック・オー・ランタン」ですよね。

可愛らしい外見でハロウィンには欠かせない存在です。

一般的に魔除けのアイテムとしても広がっています。

 

ハロウィンはアイルランド伝統の祭り「サウィン」が元ですが、「ジャック・オー・ランタン」もアイルランドの伝承が元になっています。

元はまったく可愛くないんですけどね。

 

ジャック・オー・ランタンの起源

現代のハロウィンで見られるジャック・オー・ランタンはかぼちゃで作られていますが、元はカブやルタバガといわれる根菜で作られていました。

アメリカに大量のアイルランド系移民が渡った結果、アメリカにあったかぼちゃを代用品として使い、現在のかぼちゃお化けのジャック・オー・ランタンが出来上がりました。

 

カブやルタバガで作ったジャック・オー・ランタン

かなり強烈なのでお気をつけ下さい。

 

 

 

20世紀初頭にカブで作られたジャックオーランタン

CC-BY-SA 3.0 Rannpháirtí anaithnid Wkipediaより引用

これは……ヤバイな……

恐怖しか感じないわ。子供はトラウマになるレベル。

 

これは伝統的なやりかたで20世紀初頭にカブで作られた物です。

大昔のアイルランド「サウィン祭」ではこんなのがごろごろしてたんですね。

 

カブからかぼちゃへ

1840年ごろにアイルランドでジャガイモの不作が数年続き大飢饉が訪れます。

これをジャガイモ飢饉といいます。

この大飢饉でアメリカに渡ったアイルランド移民達が、現地でサウィン祭をしていた所カブよりもかぼちゃの入手が容易だったため、かぼちゃをくりぬいてランタンを作るようになりました。

 

以降アメリカで流行した祭りはハロウィンになり、かぼちゃのランタン「ジャック・オー・ランタン」として定着していきます。

 

 

ペテン師 スティンジー・ジャック(関西弁版)

遥か昔、アイルランドのとある町にスティンジー・ジャック(Stingy Jack・・・けち野郎ジャック)と呼ばれる男が住んでいた。

こいつはとんでもなく狡猾で他人を騙すことが大好きなペテン師野郎だ。しかも酒が大好きでいつも酔っ払っていた。

酒のためなら人を騙して、金を盗む。良心なんてものはとっくの昔に捨てている。

もちろんジャックの事が好きなやつなんて誰もいない。

 

「よっしゃ!ほな、今日も馬鹿共騙してただ酒といこか!」

そういって今日もジャックは、いきつけのパブに向かって行くのだった。

 

 

一方そのころ、人を騙すプロである悪魔たちに、一人の人間のうわさが流れてきた。

「なんや人間の中に、うちらより騙すんが上手いとか言うやつがおるらしいがな」

「なんやて!?それがホンマやったら、どえらいこっちゃで!」

ジャックの話題で盛り上がる悪魔たち。そのうちの一人がジャックに興味を示した。

「よっしゃ!ほないっちょ、うちが試したろやないかい!」

「お、そらええわ!奥歯ガタガタ言わしたってや!」

こうしてジャックの元にプロのペテン師である悪魔が向かっていった。

 

 

「ははん、は~ん。今日は何の酒飲もかな~♪……ん?」

ジャックがパブに向かう道を一人で歩いていた所、地面の上に横たわり、ジャックを見つめてにやにや笑うグロテスクな体の生物と遭遇した。

「きもっ!なんじゃこれ!」

「あんたの話は聞いとるでジャックはん。うちらよりよっぽどペテン師やってなぁ」

 

グロテスクな生物の話を聞いてジャックは瞬時に気付いた……こいつは悪魔ちゃうか……と。

腐っても天才ペテン師、頭の回転は速かった。

「もも…、もしかして魂取りに来た悪魔はんでっしゃろか…?」

「お?さすがようわかっとるやないか兄ちゃん。ほんなら、さっさと魂よこさんかい」

いくら音に聞こえたジャックでも、びびってもうとるし、まぁ人間ならこんなもんか…と悪魔が思っているとジャックが言った。

「逃げも隠れもしまへん!せやから死ぬ前にそこのパブで酒のましてください!後生や!」

「逃げたりせぇへんのやったら、まぁ酒の1杯ぐらいならええよ」

「おおきに…!おおきにやで…!」

 

そしてパブでエールを注文し人生最後の1杯を飲み干した。

「やべぇわ悪魔はん!わし金もってなかったんやった…」

「もう死ぬねんからええがな兄ちゃん。」

「最後くらいはきっちりさせてやぁ……せや!ペテンのプロの悪魔はんなら硬貨に変身できまへんやろか?」

「そんなもんお茶の子さいさいやで……ほれ!

 

悪魔が硬貨に変身するとジャックは素早く行動します。

支払うと見せかけてポケットに入っていた十字架に、硬貨に変身した悪魔をくくり付けます。

「元に戻られへんやんかぁ!やめてや!」

「やめて欲しかったら10年間わしの魂取りにけぇへんって誓えや!」

「わかった誓うから、はよ外してやこれー!」

こうしてジャックは悪魔を返り討ちにして10年の猶予を手に入れたのだった。

 

そして10年後、外を歩いていたジャックの元に以前の悪魔が再び現れた。

「よぉ兄ちゃん!10年たったから魂もらいにきたで!」

「わかった。契約したさかい今回こそは覚悟完了やで」

 

騙されるのを警戒していた悪魔は、悟りきったジャックの表情と態度に驚いた。

「今そこの木のリンゴとって食べようとしてたんやけど、登られへんから困ってたんや。ちょっと採ってきてくれへんか?」

 

十字架も持ってなさそうな様子だったので悪魔はジャックの最後の要求を叶えてやることにした。

「木登りは腰に来るわ。おーい、このりんごでええか?」

木に登った悪魔は下にいるジャックに向けて問いかけたが、ジャックの表情を見て凍りつく。

 

「かかったなダボがぁー!」

 

なんとジャックは木の幹に十字架を彫って悪魔を木から離れられないようにしたのだ。

「また騙したー!魂くれるっていうたやんかぁー!」

「開放されたかったらわしの魂を取らず、地獄にも行かんようにせえや、おらー!」

悪魔は条件を飲みました。ジャックは悪魔から解放されたのです。

 

 

月日は流れ、ジャックは寿命で死んでしまいます。

ジャックの魂は天国に向かってみましたが、生前のひどいペテン師ぶりに神様から天国への出禁をくらいます。

「え?ペテン師が天国入りとか、無いわぁー」

 

行く当ても無いジャックは、仕方がないので地獄に向かいます。

「天国に出禁食らってもうたから、しゃーなしで地獄はいったるで?」

 

そこに散々騙したあの悪魔がやってきます。

「残念やけど生きとった頃のあんたとの契約で、地獄には入れまへんわ」

「なんやて!ほなわしはどこ行けばええんや!来世はどうなるんや!?」

激しく狼狽するジャックに、悪魔が冷たく言い放ちます。

 

「元の世界へおかえり!」

 

絶望するジャックは悪魔にお願いします。

「風もやばいし、めちゃ暗いから明かりくれやぁ~」

「しゃーないなぁ。ほれ、このもってきや。飴ちゃんもいるか?」

悪魔は地獄の燃え盛る炎をジャックにくれてやりました。

ジャックはそこらに転がっていたカブの中をくりぬくと、燃え盛る炎を中に入れてランタンとして使いました。

 

しかし、天国にも地獄にもいけないジャックはカブのランタンの明かりだけを頼りに、永遠に暗闇の中を彷徨い続けることになったのです。

 

 

というのがジャック・オー・ランタンの元になった伝承(関西弁版)でした。

 

最後に

長くなりましたが以上がジャック・オー・ランタンについてです。

魔除けだって言うのは今も昔も変わらないですね。可愛さは天と地ほどの差があるけど。

 


ハロウィンシリーズ一覧

世界に広がるハロウィンを知る! その1 「ハロウィンの起源とは」
10月はみんな大好きなハロウィンの季節ですよ。 今年もまた世界中で仮装した人たちが街を練り歩く事でしょう。 ハロウィンは世界で祝われていますが、詳しく知らずにやってる人もけっこう多い。 知ればもっとハロウィンが楽しくなりますよ...
世界に広がるハロウィンを知る! その3 「キリスト教とハロウィン」
ハロウィンとキリスト教の関係に迫る!知ってましたか・・・・?ハロウィンがキリスト教と関係の無い祭りだったって事を!
世界に広がるハロウィンを知る! その4 「トリック・オア・トリート」
ハロウィンの定番フレーズ「トリック・オア・トリート」 その起源と言葉の由来、そして「トリック・オア・トリート」の危険性について!
世界に広がるハロウィンを知る! その5「ハロウィンの仮装」
ハロウィンの仮装 日本でもどんどん人気が高まっているハロウィンですが、一番の盛り上がりはやっぱり仮装! 毎年ゾンビや魔女やキャラクター等になりきった人たちが街を練り歩いています。 今回はこのハロウィンの「仮装」についてです。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました