Down By The Salley Gardens(ダウン・バイ・ザ・サリーガーデン)

この記事は約2分で読めます。

この曲はアイルランドの伝統的な歌であり、定番曲です。

アイルランドにスライゴという県(州)があるのですが、そこの村に住んでいるおばあさんが昔歌っていた歌を、詩人「ウィリアム・バトラー・イェイツ」が思い出しながらまとめたものです。

思い出せない部分もあったようですが、イェイツが頑張って古い歌の詩を復元しました。

ありがとうイェイツ・・・。

ただイェイツは詩は書いたけど曲は書いてないんですよね。

フランシスオニールの曲集「Music of Ireland」という、1850曲も入ってる本の49番目にMourne Shore(モーンショア)という曲があります。
その曲を作曲家・編曲家であり民謡コレクターの「ハーバート・ヒューズ」が、イェイツの詩と合わせることで生まれました。

フランシス・オニールについてはこちら

ちなみに、イェイツが思い出そうとしていた曲は「The Rambling Boys of Pleasure」って言う曲だと言われてます。まぁ、記録が無いので確証は無いみたいですけどね。

データ

※伝統音楽は元は同じ曲でも、地域や演奏者などによってタイトルや内容に違いがあります。

地域アイルランド
作曲者不明 Traditional
リズムAir(エアー)
関連する曲名The Maid Of Mourne Shore、
Mourne Shore、
An Traigh Mughdhorna など

この曲には英語、アイルランド語での歌詞があります。

歌詞の日本語訳をする技能は僕にはありません。全部引用するのも嫌なので、歌詞などが気になった方は↓のボタンを押してウィキペディアをご覧ください。

日本語訳は色々な方がやってるので、ネットで検索すれば多種多様な歌詞が見れますよ。

スポンサーリンク

楽譜

Down By The Salley Gardensのティンホイッスル用楽譜

参考音源

準備中です

YouTubeで動画を検索するにはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました